リフォームに失敗したくない方のためのお役立ち情報サイト

具体的なリフォームの失敗例と事前チェックすべきだったポイント

そもそもリフォームとは何か

建築におけるリフォームとは、一般的に住宅を改修する作業のことを指し、経年劣化によって修復や復元が必要となった住宅や長らくメンテナンスが施されていない住宅に加え、中古で購入した住宅を居住可能な状態に復元する場合などに行われる作業となります。

リフォームにおいて、従来になかった機能を加えるなどの住宅を作り変えるという意味合いは薄く、基本的に住宅の状態を復元することに重きが置かれており、居住環境を復元し、人が居住可能な状態に住宅を復元することこそがリフォームであるため、従来備えていた機能を拡張するような場合はリフォームには当てはまらず、住宅の機能を大幅に変える場合も、同様にリフォームには当てはまりませんのでご留意ください。

リフォームにおける失敗の基本定義

住宅の持つリフォームの役割が居住環境の復元にある以上、本来であればリフォームにおける失敗は居住環境の復元の失敗に他なりませんが、居住環境の復元は住宅リフォームにおいて、狭義なものであり、住宅リフォームを広義に捉える場合は、その限りではありません。

狭義における住宅のリフォームが、居住環境の復元だけを指しているのに対し、広義の住宅リフォームにはリフォーム依頼者の要望が反映された居住環境の復元がなされていなければならず、リフォーム依頼者の事前の要望が正しく反映された上で、復元されていない限り、住宅におけるリフォームは失敗したことになるので、住宅のリフォームにおける失敗はリフォーム依頼者の要望の反映に失敗した場合も含まれることになるのです。


TOPへ戻る