リフォームで失敗したくない!事前にチェックするべきポイント

リフォームに失敗したくない方のためのお役立ち情報サイト

具体的なリフォームの失敗例と事前チェックすべきだったポイント

建築においてのリフォームの場合、基本的に住宅の改修作業を指すことが多く、居住環境が悪く居住に適さない状態の住宅の居住環境を改善するのがリフォームの主な目的ですが、リフォームの失敗は、居住環境の修復失敗のみならず、リフォーム依頼者の要望の反映に失敗した場合も含まれます。

失敗しないリフォームのためのポイント

失敗することなくリフォームを終えたいのであれば、リフォーム後のイメージを明確化することやリフォームの施工に十分な予算を確保することに加え、業者選びに注力することが重要なポイントとなり、これらのいずれかが欠けると、リフォームに失敗する可能性が爆発的に高まるでしょう。

リフォームとリフォームにおける失敗

リフォームの失敗を避けるポイントはいくつかありますが、そのポイントがどのように作用してリフォームの失敗を回避することにつながるのかを理解できなければ、あまり役に立ちませんので、具体的なリフォームの失敗例と交えて、事前にチェックするべきだったポイントを検討していきましょう。

まず、リビングでのリフォームの失敗例ですが、窓の数に失敗した場合が挙げられ、窓の数が多すぎて日中の日差しが激しくなりすぎたり、逆に窓の数が少なすぎて日照が不足気味になってしまったりすることがあり、この場合、事前にチェックするべきだった点は、リフォーム後のイメージ形成と業者選びで、リフォーム後のイメージ不足から窓の適切な数の把握に失敗し、建設基準法で定められる窓からの有効採光量面積を把握していないか、守る気がない業者であったことから、法律を尊守する業者を選べなかったという点において失敗しています。

次いで、キッチンのリフォームの失敗例では、キッチンの広さが不十分であったり、流し台の高さが不足したりしていた場合が挙げられ、事前チェック不足だった、イメージによるリフォーム後のビジョンの不明瞭さに起因するところが大きいと断ぜざるを得ません。

最後にトイレの失敗例として、トイレのドアとトイレ空間のバランスを取ることに失敗した場合ですが、トイレの実用がイメージから抜けているだけでなく、施工に際しトイレの実用性を考慮しない業者である点を踏まえると、リフォーム後のイメージ形成と業者選びの両方に失敗しているのではないでしょうか。

リフォームの失敗を回避するためのポイント

リフォームの失敗を避けるためには、リフォームの失敗を回避するためのポイントの中でも、リフォーム後のイメージの明確化と業者選びが特に重要であり、ショールームやモデルハウスなどを利用し、イメージをより明確化すると共に、そのイメージを具現化可能な業者に的確に伝えることが必要です。

TOPへ戻る